2008年05月31日

アロマオイルとお香☆アロマ☆

アロマのお香は、アロマオイルとは又違った香りと効能の仕方がします。 
お香には大きく二つに分けると、仏事用のお線香であるお香と、香りを楽しむための趣味的なお香です。 
最近では仏事用のお香も、いかにもお線香の香りといったものだけではなく、ラベンダーのお線香を見かけたりします。 
ですが、仏具店に置いてあるのはまだまだお線香が中心なので、お香を買い求めるのならばお香専門店へ足を運んだ方が良さそうです。 
お香の香りはアロマオイルとは違い好き好きがあります。 効能もアロマオイルに比べると若干弱いです。 
ちなみに私は梅のお香が好きです。 梅の甘い香りが何とも言えず、お客様を迎える時は玄関でお香を焚きます。 もちろんリビングや寝室でも焚きますが、煙が立ち込めるので寝室には少し不向きかもしれません。
あとは日本香堂の(伽羅大観)シリーズはおススメです。 夢のような別世界へ連れて行ってくれる、と人から勧められました。
おススメの通り、気持ちよくて心安らぐ香りです。 こんな香りに今まで出会ったことがあるだろうか?といった、多少大げさな感じではありますが本当です。 
今はインターネットで購入することができ、便利な時代になったものです。 
お香の形はコーンタイプとスティックタイプがあります。 
コーンタイプは煙が多く出るため広い場所での使用に最適です。 ですが、一旦火をつけると調節がききません。後片付けは簡単です。 
スティックタイプは緩やかに燃えるので、煙も少なく狭いスペースには適しています。 ですが、灰が落ちてしまうので片づけが少々面倒です。 
スティック状なので、折って使えるため時間の調節は可能です。 

アロマテラピーマニアでは、アロマテラピーの■、検定、スクールについての解説の他、アロマテレーピーの魅力や"効果"等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、(zqq11qq●yahoo.co.jp)●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by アロマテラピー at 04:29| アロマオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

アロマオイルとマッサージ☆アロマ☆

アロマオイルを使ったマッサージは、香りの"効果"とマッサージ"効果"で大変癒されます。 
マッサージは体内の血液の流れを良くし、スムーズな血液の流れが体内の老廃物を促してくれます。 
新陳代謝も活発化され、疲れた体や心をほぐしてくれます。 
マッサージの施術方法は、体内の血液の流れを良くするために皮膚表面を擦ったり揉んだりします。 
そうすることによって血行がよくなることは皆さんご存知です。 
通常のマッサージは衣服の上から行われます。 そのためマッサージをする側が男性であろうと女性であろうと、そんなに気にする方もみえないかと思います。 
ですが、アロマオイルを使用したマッサージは肌に直接触れるため、女性側からすると女性にしてもらうことを望みます。 
お店を開きマッサージをする人は、エステサロンや一部を除いては国家資格を必要とします。 
マッサージといった類では似たように見えますが、国家資格を取得した人とそうでない人は目的も違ってきますし方法も違ってきます。 
できれば国家資格を取得しているマッサージサロンへ行くと良いです。 
アロマオイルの効能を熟知し、その時の状態にあったエッセンスを使用してもらえると、マッサージとアロマオイルとの相乗"効果"で効能も期待できます。 
今はほとんどが女性のお客さんばかりです。 アロママッサージする側も女性が豊富です。 
ですがこれからは男性が通えるよう、普通のマッサージ医院もどんどんアロマを取り入れてもらえると、疲れた男性には嬉と思います。

アロマテラピーマニアでは、アロマテラピーの■、検定、スクールについての解説の他、アロマテレーピーの魅力や"効果"等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、(zqq11qq●yahoo.co.jp)●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より
posted by アロマテラピー at 20:25| アロマオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。