2008年08月06日

アロマオイルとカモミール☆アロマ☆

カモミールはラベンダーやミントと並ぶ、ポピュラーなアロマオイルです。 ハーブティーとしてもお店のメニューでよく見かけます。 
海外ではずっと昔から民間の治療薬のひとつとしてカモミールは親しまれています。 
香りは青りんごに似ていて、お子様の寝室に香らせると寝つきが良くなると言われています。 
カモミールはラベンダーと同様で、体の痛みやかゆみを抑える効能があります。 体の内部もそうですが、皮膚にも効き目があります。 
痛みやかゆみの原因が、ストレスから来ているものでも"効果"を期待できます。 特に長引きそうな心の病気には、長い目でみてハーブティーを飲むことをおススメします。 
心の病気にはカモミールも効きますがラベンダーも効能があるので、1週間ごとに交互に飲むことも良いです。 
お子様に使われる場合には、エッセンスよりハーブティーを入れた香りをおススメします。 
なお注意点としては、カモミールは光毒性があるため直接肌に付けた場合は直射日光に当てないようにして下さい。
カモミールのアロマオイルの効能は、リラクゼーションには欠かせません。心を非常に落ち着かせてくれます。 
鎮静作用があるので、不安や怒り、緊張や恐怖、ショック、トラウマなどに大変役立ちます。 
パニック症状などで悩まれている方には、お薬の服用と併用して民間療法も試してみたいという方には、一度試されてみても良いかもしれませんね。
きつい効能ではないので、お子様に起こる体の内外のトラブルに有効に活用させて下さい。

アロマテラピーマニアでは、アロマテラピーの■、検定、スクールについての解説の他、アロマテレーピーの魅力や"効果"等について解説しています。 管理人の体験談や専門サイト、書籍から得た知識、専門家の方のアドバイスなどを元に解説しております。 お問い合わせは、(zqq11qq●yahoo.co.jp)●を@に変換してからお気軽にお問い合わせ下さい。当サイトがあなたのお役に立てれば幸いです。 管理人より

posted by アロマテラピー at 09:01| アロマオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。